世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

スピリチュアルな、夢を操る程度の能力

このブログで垂れ流している通り一見なんの長所もなさそうな私だが、そんなイメージを打破できる面白いネタを見つけた……もとい、思いついたというか思い出したので記していきたいと思う。

 
タイトルの通り、なんと私は「自分の見ている夢を操る能力」を持っているのだ。統計を取ったわけではないので知ったこっちゃないが、恐らくこの能力を持ってる人間は全世界でも0.01%くらい(超適当)ではないだろうかと思う。少なくとも、私の周りでこの能力を持つ人は一人もいない。この能力、知っている人は知っているかもしれないが、一般的には「明晰夢」と呼ばれるものだ。詳しくはググった方が早いと思うが、簡単に説明すると「夢を見ていると自覚しながらみる夢」の事だ。そしてそれに付随すると言っていいのかわからないが、「夢の内容を自在に操ることができる」という大きな特徴がある。……と言っても、明晰夢という現象自体が非常にレアらしく、サンプルが全くないのでwikipediaから引っ張ってきているのだが。サンプルというか自分自身の体験を述べると、驚くべきことにこれらは事実なのである。wikipediaの記述通り、明晰夢に突入すると「夢を自覚した」状態になり、さらに「夢の内容を自在に操ること」ができるのだ。何度も言うが、詳しくはググった方が早い……。そもそも、普通の夢を記憶できる人もできない人もいるらしいし(私は前者なので前まで夢は覚えていて当たり前だと思っていた)、ましてや明晰夢を意識的に見られる人などごく僅かなので、体験のある私でさえもよくわからないのである。明晰夢に関しては偉い科学者さんが解明してくれることを祈る。
何故この記事を書くに至ったかというと、ちょうど今日明晰夢を見たのだ。私は明晰夢にだいぶ慣れており、明晰夢突入時にビビって起きる(初めて明晰夢を見るときにありがち)などということは全くない。突入後もだいぶ安定しており、落ち着いて夢を操ることができる。毎回調子に乗って夢を捻じ曲げすぎて、脳が活性化し目覚めるのがオチだが……。偉い科学者さんへの参考に(?)、私が今日見た明晰夢の流れを簡単に晒しておく。
 
田舎っぽいところで夢を自覚
とりあえず両手のひらをみて落ち着き、明晰夢を安定させる。結構鮮明に両手のひらがみえた
田舎すぎてやることがないので空を飛ぶ
秋葉原へ行きたい」と念じて空から降りると、雲を破って秋葉原の街並みが見える(この辺りが夢の捻じ曲げである)。セガのゲーセンが見えた気がする
ゲーセンをぶらぶら。プライズゲームで遊ぶという選択肢はなかったらしい
秋葉原に来た目的ということで、ラブライブ!高坂穂乃果と会う(これも捻じ曲げ。明晰夢では二次元三次元問わず人物召喚までできてしまうのだ)。なんか会話してたけどあんまり覚えてない
色々あって目がさめる
 
……本当に事実を述べているのだが、この記述を見ると「何言ってんだこいつ電波でも受信してるのか?」と思われそうだ。今日以外にも明晰夢は何回も経験しており、夢の中で担々麺を召喚したり(ちなみに失敗した)「即死せよ」と宣言したら相手の首がボキッと折れたり、色々と意味不明な面白いエピソードがある。これからもたまにこういう謎の夢日記を書くと思うが、「また始まった」くらいの目で生温かく見守ってもらいたい。ブログからメモ帳になりつつあるな……。
 
さて、この「夢」だが、古代では神秘的な、あるいは超自然的な現象とされていたらしい。なるほど、現代でも夢占いなどがある通りある種の超自然的な現象に近いものと見られているのかもしれないな。夢を見る理由、というのも未だに不明らしく、明晰夢なども含めて、こうした夢に関する事実を並べてみると、「夢」という現象はなかなかにスピリチュアルなものに思えてくる……ん? スピリチュアル? ???「ウチやんね」
 
私はスピリチュアルとかそういうの信じてないから。ホントに。
夢に関してはそういう考え方も若干面白そうだけど……。