世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

久々にナムコオリジナルを聴き漁っていたのだが

懐かしくて涙がで、出ますよ……。当方にわか太鼓の達人勢。やっていた時期は小中学生くらいが主で、かつ家庭版ばかりやっていたのでACはほぼノータッチだった。一応Wii版にも触れている。実力はタタコンでの最難クリアが恋文2000、ACではメガデスだったと思う(現行の難易度がわからないので食い違うかもしれない)。コントローラーではカレカノやエンドリ程度なら軽くこなしていた。今じゃ絶対無理である……。得意曲はソウルキャリバーⅡ、カサブタ、夏祭り。全部ナムオリではないが。以下、好きな曲or印象に残っている曲を適当に聴き直した感想。順番はwiki準拠。

 

・季曲 ~Seasons of Asia

(記憶では)おにコースが難易度表記に比べてクソ簡単な、いわゆる逆詐称な曲。リズム通りに叩けるのでプレイしていて楽しい譜面。曲自体もかっこいい。

 

・恋文2000

私がクリアできる2000シリーズでは最難だと思われる(ただしタタコン)。体力ゲーで、難しい複合はあまりなかった気がする。衝撃のオチ「Dear my sister」で有名。

 

・さいたま2000

記念すべき初代2000シリーズ。2000シリーズとしてはぬるすぎるが、当初は★10だった。ぬるいと言っても、今だとACでのクリアは無理だと思う。よく覚えている曲。

 

・万戈イム-一ノ十

通称「成仏2000」。プレイ経験はないが、曲は結構好き。

 

・スポーツダイジェスドン ~Fill in The Sky~

ニュース番組のBGMで流れてそうな曲。コナオリのMacuilxochitlと通じるものがあるが、このネタが通じるのはごくわずかな人だろう……。

 

・十露盤2000

好きな2000シリーズ。セリフを聴いていると面白い。難易度はとても高く、私程度では歯が立たなかった。玄人譜面のモールス信号は詳しい人なら知るところだろう。

 

・伝説の祭り

ACでクリア経験があり、叩きやすい曲……だと思っていたが、ナムオリを漁っていた時「★7にしては難しめ」との記述を多く見たのでどうやら詐称らしい。確かに密度は高い。が、難しい複合は少なかった気がする……気のせいか?

 

・虹色・夢色・太鼓色

太鼓の達人最初期を象徴する名曲。懐古厨みたいだが、この時代を知る人間は少ないだろうよ……。

 

・ねこくじら

結構コアな曲かもしれないが、個人的には良曲。12分が大量に配置されている独特の譜面だが、見切りやすいので私は得意だった。

 

メガデス

当初は★10だったというびっくりの事実。あまりにも雑魚すぎて格下げされまくったある意味かわいそうな曲。とはいえ、体力がかなり必要なので個人的に簡単だとは思わない。むしろ難しい。途中の大音符が好き。

 

・夜桜謝肉祭

かっこいい曲。コントローラーでクリアできそうでできないくらいだったと思う。地力が問われる。現行では★9に降格してるという記述に驚愕した……。

 

・DON'T CUT

プレイ経験なし。っていうか名前しか覚えてなかったのだが、聴き直したら良曲だった。

 

・MEKADON~宇宙に消えたメカ太鼓~

多分かなりコアな曲。壮大な感じというか、ナムオリの中でも特徴的かもしれない。これも太鼓の達人初期を象徴する名曲だと思うのだが、知る人は少ないだろう。

 

・Rotter Tarmination

通称ロッテル。ロッターではない。名前だけ覚えていたから適当に聴いてみたのだが、多分今日聴き直した曲で一番好き。神曲とさえ思う。ジャンルは多分電波。電波というか、意味不明。なんじゃこりゃー。

 

・The Carnivorous Carnival

言わずと知れた?高難易度曲……と思ったらこれも★9に降格したらしい。厨二感漂うかっこいい曲。エンドリの対極に位置する。

 

・X-DAY2000

2000シリーズ。正統派の高難易度曲……だった気がする。途中の休憩地点からの畳み掛けるようなラストが印象的。曲も2000シリーズでは珍しいかっこいい感じ。

 

・その他

エンドリとかカレカノとか、コナオリは他にも色々知ってるが、面倒なので今回はこれで終わりとする……。

 

それじゃあみんな、Goodbye see you again! この記事は、ハウスバチの提供でお送りしました。