世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

日常的アウトプット

Good evening♪ ノアだよっ! みんな、今日もよろしくね!

 

……えっと、このブログどんなこと書いていたっけ……。しばらくダクソ3完全ソロに集中してた上、記事としてもそればかりを書いていたため、突然通常運行になると何を書けばいいのやら……。多分ダクソ3のDLCやらBF1やらポケモンやらのゲームが発売されたらその辺のことを記事に起こすと思うが、考えてみるとそれまでに何かのゲームをやるぞという気力がそんなにない。そして、イベントもあんまりなさそう(今日歯医者に行ってきたのだが、歯石除去が結構痛かった上歯茎からの出血でしばらく口の中が鉄の味に満たされた……くらいのどうでもいいイベントならある)。となると、ここからは割と平穏で特に記事を書くようなこともない日常が続くような……。

しかし、このブログは本当に自己満足で書いているというか「自分を発信したい」という軽いけど満たしたい欲求からくるものなのでとりあえずこのように「何か」を書いていく。カウンセラーの先生にも言われた気がするが、私は「日常的アウトプット」の機会があまりないのでブログは割とうってつけなのだ。例えば、同じ食卓で家族と今日あったことを話すとか、友人と愚痴を言い合うとか、恐らく一般的な「日常的アウトプット」の機会が私には大きく欠けている。しかし、ブログを書きのんびりとでも継続させる(私のような面倒がりがブログを継続してる時点で、すでにブログが私に何らかをもたらしているのかもしれない)ことによって無理やり「日常的アウトプット」の機会を増やすことができるのだ。

 

さて、この「日常的アウトプット」。「そこまで言うけどホントに必要なのか?」と思う方も多いだろう。というか、実は私もあんまり必要だとは思っていない。なんなんだコイツ……。しかし、どうやら人間的にはこれを細かく行ったほうがいいらしいのだ。参考文献としてURLを貼っておく。ちなみに、この漫画シリーズは面白いし勉強になるので全て読んでみてもいいかもしれない。

yusb.net

 

で、まぁ当然の流れとも言えるのだが、私も溜め込む傾向が強い……。特に友人との食事やカウンセリングでは堰を切ったようにどばどばと真剣な内容からどうでもいい内容まであらゆる溜め込んだことを吐き出しまくる。これは先述の「日常的アウトプット」の機会が明らかに少ないせいで起こってしまう悪い現象だろう。今もこの傾向は強くあるのだが、自覚症状がなくともブログを書くことによって多少緩和されているのでは……? と、勝手に推測している。ブログなんて軽い気持ちで書いている(いや、読者さんには申し訳ない……)のだが、忘備録にもなるし発信もできるしアウトプットもできるしでメリットはそこそこある……ような気がする。ありがとうはてなブログ

 

今回はここまで。みんな、Goodbye see you again!

この記事は、壊れかけのパソコンの提供でお送りしました。