読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中そんなに甘くない!

日本では最底辺に位置するであろううつ病の自称異端者が適当に語ってみるスレ。

全国高校野球選手権神奈川大会 戦況その2

ブログのアクセスが3日連続で50を超えている。今回も中2日の更新なのになぜこんなにアクセスがあるのだろう……。ラブライブサンシャインや高校野球神奈川県予選の話題でこのブログに来る方がいるのだろうか。多くの人に見てもらえるのはいいことだな。

 

さて、神奈川県予選も中盤へと突入した。戦況を振り返ってみよう。

 

右ブロック

こちらはすでに行われた一部を除き21日に3回戦が行われる。各ブロックを見ていこう。

 

・横浜ブロック

鉄板横浜無双。初戦を0-8コールド、3回戦を12-0コールド(※神奈川県予選では5回裏以降10点差、7回裏以降7点差でコールドゲームが成立する)と危なげない試合ですでに4回戦へと駒を進めている。桐光を応援してる私としては「こいよ横浜……準決勝で会おうぜ……」って感じである。隣ブロックのシード校弥栄が食われたので、まずは横浜隼人戦が山になると予想。そこまでは苦戦しないどころかコールドで進んでくるかもしれない。本命というかラスボスっぽい。

 

・弥栄ブロック

ここでは、前にも書いた通りシード校の弥栄が姿を消している。21日に行われる向上-戸塚は注目カードだが、隣がラスボスの横浜だけにどこが来ても苦しいだろう。ここまで無双している横浜をどれだけ追い詰められるか。

 

横浜隼人ブロック

打線が強い横浜隼人だが、2回戦はコールド勝ちではなく普通の勝ちである。まだ目覚めてないだけならともかく、今後もこの調子が続くと法政二や橘学苑に食われかねない。打倒横浜を掲げなおして奮起したいところ。21日は法政二とのカードである。

 

・菅ブロック

▼菅が1-0で勝ったと聞いたときの私

f:id:koremouwakanneena:20160720021001j:image

本当にどうでもいいブロックだが頑張ってとしか言えない。辛辣で申し訳ない。

 

藤沢翔陵ブロック

藤沢翔陵はコールド発進。桐光を脅かすには十分なスタートだが、今後で失速するとわからなくなるのでしっかり勝っていきたい。順調であれば桐光戦まではたどり着けるだろう。

 

・光明相模原ブロック

割とどうでもいいブロック。立花学園を破った星槎国際湘南はこのブロック勝ち抜きワンチャンあるのではないだろうか。そのくらいである。

 

桐光学園ブロック

応援校、桐光学園のブロック。初戦の相手は決して弱くない湘南学院だったが、危なげない0-7のコールド発進。中川くんはエースながらも初戦で先発し(相手が弱小なら他の選手を試して温存もできたが、そうはいかなかったのだろう)、打っては2点タイムリー、投げては7回完封と強さを見せつけた。この調子なら横浜食いも十分狙えると思う。しかし次の相手は厚木北、その次はおそらく横浜創学館と気の抜けない戦いが続く。特に横浜創学館戦は全力でいかないとむしろ食われる側になりかねない。気を引き締めて確実に横浜戦まで勝ち進んでほしい。

 

・大師ブロック

大師がくるのだろうか。正直横浜創学館の方が全然強いので桐光にとってはあまり脅威ではない。

 

左ブロック

続いて、3回戦がすべて終了している左ブロックへ。こっちは結構混沌としている……。

 

・慶応ブロック

初戦、3回戦とコールドで強さを見せつけている慶応だが、予想通り県相模原との一戦が実現した。公立では強い県相模原だが、私立の慶応相手にどこまで戦えるか。どちらにせよ、東海大相模一強と思われていた左ブロックがそうでもない様子なので、ここを勝ち抜けば準決勝や決勝までいけるかもしれない。

 

・藤嶺藤沢ブロック

混戦が予想されるブロックだったが、結果的にシード校の藤嶺藤沢と鎌倉学園が残った。どちらが来てもおかしくないが、隣の慶応か県相模原相手が厳しいか。

 

東海大相模ブロック

今年の有力対抗校と予想していた東海大相模だが、なんと無名の高校に6-7の辛勝。はっきり言うが、ここで苦戦しているようでは決勝どころか次の日大藤沢に負ける可能性が十分ある。試合内容を見ていないので点差だけで感想を述べているが、そもそも弱小相手にこの点差になっている時点で驚きだ。一体何があったんだ……。とにかく、次の日大藤沢戦が山である。調子を戻して強豪校の威厳を見せつけられるか。

 

・川崎北ブロック

ちーちちっちーおっぱーいぼいんぼいーん

 

・日大ブロック

東海大相模が不安定なようなので、日大も慶応や県相模原と同じように決勝を見据えられるだろう。ここまでは2戦ともコールドで順調であり、本命かも知れない。勝ち続けると桐蔭と当たるのでそこが山か。

 

・平塚学園ブロック

このブログではシード校の平塚学園が余裕で勝ち上がってくると予想していたが、昨日の試合は無名校相手に1-2xと辛勝。勝ってはいるが、東海大相模と同じく不安定だ。勝ち残っているもう一校は横浜商。公立の強豪校として有名なY校だが、ここまでは接戦をなんとか勝っている展開。どちらが来るかわからないが、隣で勝ち上がってくるであろう日大を脅かしたいところだ。

 

桐蔭学園ブロック

桐蔭が往年の力を取り戻しつつある。このブロックは余裕だろう。東海大相模が不安定なので、こちらも十分決勝を狙える。日大との対戦は楽しみである。

 

・武相ブロック

武相があっさり姿を消したため混沌としたブロックになったが、どうせならその武相を破った平塚江南に頑張ってもらいたい。弱小の力を見せてやれ。……とは言ってみたものの、どこが勝ち上がっても多分桐蔭にボコられる。現実は非情である。

 

今後の展望

右ブロックは横浜と桐光学園の2強な気がする。おそらく準決勝で当たるが、果たしてどちらが勝つか。勝った方がそのまま優勝すると予想。

左ブロックは東海大相模の不安定さが気になる。決勝戦に勝ち上がってくると予想していたが、この調子だと慶応桐蔭日大のほうが来る可能性高いかも知れない。その他の高校にもチャンスはあるので、決勝までわからない戦いになりそうだ。

 

全国の様子

埼玉の強豪浦学(浦和学院)が公立校に負けてたのだが、その浦学を下した公立校が友人の母校だったという謎の偶然。その他、福井では敦賀気比が負けてたりと波乱が巻き起こってるようだ。マモノは怖いなぁ。

 

また進展があればまとめると思う。以上。