世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

We're so happy

タイトルの元ネタはKONAMI音ゲーのオリジナル曲。よって記事内容とは1ミリも掠ってない。こういう適当なタイトルをつけるのはブログ的にどうなのだろうか……と言いたいが、すでにこのブログがブログ的にどうしようもないので無視する。ちなみに、私はI'm so happyの方が好きだ。しかしこの曲もなかなかいい。音ゲー曲は名曲ぞろいなので暇な方は聴いてみると楽しめるかもしれないな。

まとまって書けるネタはあるのだが、なんとなく散漫なので雑記形式で近況を書いていく。

 

まず、ブログのアクセス数が累計で2000を突破した。記事を更新してる日は1日に30以上のアクセスがある。逆に更新してない日は低くなる傾向にあるが、更新してても人が少なかったり更新していなくても人が多かったりしてよくわからない。細々とやっているブログなので1日30アクセスもあれば十分なのだが、もっと人が増えると嬉しいな。嬉しいなというだけでアクセスを増やす努力は特にしない……。

 

次に、私を取り巻く環境が少し変わりつつある。

具体的に言うと二つあり、一つ目は、最近知能検査みたいなもの(?)を受けるという話があったことだ。内容はよくわからないが、これで自分の何かがわかればいいと思っている。必ずしもプラスの結果は求めていなくて(例えば「IQが高すぎて天才だー」とか。まあ、それならそれでいいが……)マイナスでも発達障害とかが判明すれば(障害と言われてるし世間的にはマイナス扱いなのだろうが、私はよくわからない。プラスな気もするしマイナスな気もする。個性と言っていいのではないか)いくらか自分の異端性が証明できて気が楽になりそうだ。最近は自分が異端者であるという考え方より、自分が異端者でなければならないという考え方にシフトしている。これで私が普通の人間だったら、うつ病とか引きこもりとかニートとか「普通の人間なのになんでそうなったの?」と疑問に思ってしまいそうなのだ。でも、もしこれでごく普通の結果が出れば(多分そうなると思う)「なんだ自分普通じゃん」となるのでこれはこれでいいのかもしれない。

もう一つは、最近友人の就職が終わったりひと段落していたりということで、いくらか会う機会が増えるかもしれないということだ。暇な私としては非常に嬉しいことである。友人もこれから社会人となることを考えると自分の残念さに泣けてくるが……。基本私の友人はエリートなので、差を感じるのは確かである。しかし感じているだけで全然気にしていない。私は私でなるようになるだろう。前向き思考というより諦め思考である。

 

三つ目、昨日久々に街に出ていくつか娯楽を回収してきた。具体的には、咲-Saki-のマンガとゲーム、ラブライブ映画版のレンタル、お菓子の買いだめ(海未ちゃんに「太りますよ」ってダメ出しされそう)などである。

咲のマンガを買ったのは当然ながら咲のファンであるためで、マンガは10巻以降全て買っている(それ以前のものは友人から借りて読ませてもらったのだ。随分昔である)。本編以外にシノハユ咲日和も買ってきた。気になるのは本編の巻末で、そろそろ咲と照の因縁が明かされるような気配である……。物語の軸であるこの咲と照の関係、そして宮永家に何があったかは、どんな結末に至るのか気になるところだ。そして、インターハイもいよいよクライマックスである。……なんだか長くなりそうなので咲についてはまた別の機会に回すか……。ジャンル「咲-Saki-」を作ることも考えておく。

ラブライブの映画は「なんとなくラブライブという作品を見終わってしまうのがいやだ」と無死一塁で9番バッターを敬遠するくらいの謎敬遠をしていた(伝わるのかこれ?)のだが、ついに覚悟を決めて借りた。咲のゲームをやりたいので返却直前に観ると思う。しかし、絶対泣くな。僕光が流れるシーンで涙と鼻水の洪水が起こるかもしれない。そういえば夏アニメでラブライブサンシャインもあるわけだし、なんだかんだこのタイミングで良かったな。

 

今になって思ったが更新を2回に分けるべきだった……。雑記だし自分のブログなので好きなように書いていくが、読ませる気遣いをしていないのは少し申し訳ない気分だ。

広告を非表示にする