世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

「月が綺麗ですね」と言われた場合の対処法

クッソくだらないテーマが思いついたので久々にくだらない記事を書いていく。

タイトルの通りだ。このタイトルは、かの有名な夏目漱石の『「I love you.」を「君を愛している」と訳した学生に対し「日本人はそんなことは言わない。月が綺麗ですね、とでも訳しておけ」と言った』というエピソードが元だ。私は日本語という言語をすごく高く評価している(低い部分もあるけど)のだが、その日本語の美しさが良く表れているのではないだろうか。このエピソードにより、「月が綺麗ですね=遠回しな告白」という風潮が生まれたのだが、まぁ普通は月が綺麗ですねなんて言って告白しないだろう。ロマンチックなのは嫌いではないが。だが、もし「月が綺麗ですね」と告白されたらどう返すべきか……? そんなことを疑問に思ったので、この毒にも薬にもならない記事を書き始めたのであった。

 

早速書いていこう。これを読めば画面の前の君も「月が綺麗ですね」への対処は完璧だ。

 

定番系

「私、死んでもいいわ」→王道。とりあえずこれで返せば伝わる人には伝わる。実際に死なれると困るけど。

「あなたのほうが綺麗だよ」→失敗すると結構恥ずかしいので注意が必要。

「ずっと前から綺麗さ」→私はずっとあなたを想っていたよ、の意味で伝わるとエンダアアアイヤアアアアって感じ。

「私もちょうど月が綺麗だなって思ったの」→私もあなたを想っています、で伝わるか。

 

さっぱり系

「綺麗だけど、それがどうしたの?」→相手が伝わらないことに照れて「も、もぅ……そうじゃなくて……」となればいいが、からかいすぎるとビンタとか飛んできそう。

「私も、好きだよ」→直球。ネタわかってるから、的な。

「(晴れてるんだから)当たり前でしょ」→一見突き放し気味に見えるが、「愛してる」に対して「当たり前=私もそう」と受け取ってもらう高度な返し。伝わったらすごい気持ちよさそう。

 

変化球系

「君の前では月の美しさも霞むけどね」→さすがにぶん殴りたくなるけど好きな人は好きかも。

「夜道が明るいね」→ムードぶち壊しのように見えるが、「夜道が明るい=二人一緒に歩ける」と解釈されれば雰囲気良くなりそう。

「雲ひとつないからね」→「愛してる」に対して「雲ひとつない=遮るものがない=受け入れる」と遠回しに了承。雲があると使えないという超限定的な返し。

 

私が返すとしたら(これがやりたかっただけ)

「星も綺麗だね」→I love you.に対するI love you,too.  あえて「星"が"綺麗だね」でもいいかも。

「月も太陽も、欠けてしまうけどね」→「あなたも私も欠点はあるけど、それでもいい?」で伝われ。結婚まで見越しているレベルのスケールの大きい返し。

「私のほうが綺麗だよ」→ふざけた答えで一見ムードぶち壊し。しかし後々気づくのだ、実は「月より私を見て=私も愛してる」の意味が込められていることに……。

 

適当に書いてたら収拾がつかなくなった。なんなんだこの記事は……。おしまい。