世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

特に動きのない鬱々とした日々

「最近は特に何もない」という本来なら記事に起こさない内容から記事を書き始めてみる。

まずは体調面。気分としてはやはり鬱なのだが、タイトルみたいに「鬱々」という単語を使うほどでもなく、50〜-50で表すと-15くらいの気分が平坦に続いている感じである。なんの呪いかは知らないが、最近ゲームに対するモチベが急激に下がった。と言ってもゲームはやるのだが、やはりすぐ飽きてしまったりあまり楽しめなかったりする。私からゲームを取ると残される娯楽は0に近い。親や妹とも相変わらず会話はなく、かといって困ることもないため、特に言葉を発することもない。ネットでもあまりやることはなく、せいぜい友人とネットで話したりこうしてブログを書く程度。このような色々な要因が合わさり、本当に何も面白くない日々が続いている。もはや私に居場所はないのかもしれない。先ほど述べた通りすごいマイナスな気分というわけではないのだが、なんかもうどうでもいいというか、明日死んだら死んだでいいやくらいマイナス方面に投げやりである。この平坦な日々が続くとなると憂鬱で仕方ない。私は居場所と変化を求めているのだろう。しかしそれを自分から行動して得ようとしないのが私のダメなところである。幸せは誰かがきっと運んでくれると信じてるのだ。私は子供だからな。大人の階段なぞ爆薬で破壊して登れないようにしてやる。
ともかく、精神的な部分ではマイナスであるということは確かだ。かといって、かつての「壁殴ったら隣まで貫通したので家から逃走」というように上下が激しくて極めて荒んでるわけでもなく、安定してマイナスという感じである。でもね……私知ってるよ、実はこれが一番嫌なことだって。よって今後の未来は間違いなく暗いと予想している。今からすでに憂鬱だ。
肉体面では、風邪におけるピークの症状(発熱、喉の痛み、倦怠感、悪寒など)がおさまったものの咳が結構酷い。この咳がなくなるまではちょっと面倒である。と言っても、あまり気にならないが……。
その他。ラーメンを食べたい、ラブライブの記事を書きたい、野球の記事を書きたい、などなど……。しかし前述の通り精神的なマイナスによりこれらのモチベもイマイチである。あたしって、ほんとメンヘラ。救いはどこにあるのだろう。