世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ プレイ日記? その1

まぁプレイ日記を記すつもりは全くないのだが、便宜上タイトルをこうさせてもらう。

 

先日「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ(DBCSと略す)」というゲームソフトのPS4版を購入した。

このゲームはなんぞや、というと全くわからない。ダライアスというシューティングゲームのシリーズがあって長い歴史を誇りうんぬんかんぬんらしいがシューティングはノータッチだったので当然このシリーズも全く知らなかった。

なぜ購入したかというと、友人宅でちょっと遊んで面白かったから。それと、このゲームは元々アーケードゲーム(ゲーセンに置いてある)であり、それを家庭でできるのはお得感があるということもあり購入を決めた。ここまでの通り、度々DBCSのネタを記事にしているが、一応ちゃんとしたプレイ内容を記そうと思いこの記事を起こした。

さて……DBCSにはオリジナルのCSモードというモードが存在するが、こっちはちょっとだけ触れて放置している。というのも、面白さに不満はないのだが、画面が狭かったり(正確に言えばACモードより全然広いのだが、横長の画面ではないため、敵との距離が近くなったり攻撃を回避しにくくなる)初見でステージクリアを目指す(シューティングはパターンゲーなので、初見はかなり難易度が高い)ようなゲームバランスにいまいち馴染めない。

何より、私は元々ACモードの方に魅力を感じて購入したため、遊んでいるのはもっぱらACモードである。あと、いつか実機でやると楽しいのではないかというのもモチベになっている。こっちの進行状況としては、とりあえず光導ルート(ZONE A→D→Hと進む、ACモードでは最も簡単なコース。BGMが全て繋がっていることから光導ルートと呼ばれる)はデフォルトエントリー(3機で出撃する通常のプレイ。残機無限エントリーといういくら撃破されてもゲームオーバーにならないシステムも存在する)でクリアできるようになった。まぁ、何回も死にましたけどね。私はシューティングが不得手なのだ。とはいえ、このゲームは「バースト」のシステムにより弾避けがあまり求められないのが嬉しい。ちなみに、このルートのラスボスはバイオレントルーラー。一見強そうな攻撃ばっかりしてくるが、敵が弾を撃ちまくるという性質上、設置バーストで回収しまくれるため実はあまり脅威ではない。更に、こいつのバーストは普通に避けようとすると難しい反面、サイドカウンター(敵のバーストに横から当たり、喰らい判定のタイミングでバーストを撃つとバーストカウンターが撃てる)がかなりやりやすいので敵のバーストもあまり脅威ではない。もちろん、バーストだけでは対処できない厄介な攻撃も多いが。個人的には緑レーザー噴射が一番嫌い。

次回はある……のか? とりあえず一回DBCSの記事を書いておきたかった。おしまい。