世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

とりあえずは復帰

2日空いてしまったがブログを更新させていただきたい。
あの後自殺を試みて生死の境をさまよっていた……なんてことにはならず(なってても良かったがな、ははは……)、精神的になんとか復帰することができた。今はゲームなどもイラつかずにプレイできるくらいには安定している。ホントに良かった。落ち込んでいた時のあの日々がまるで悪夢のように思える。うつ病ってホントに恐ろしいものだな。ゲームでイラついて壁を殴るって書くとただのバカか子供のように思えるが、うつ病のせいでそうなってると考えたほうがいいみたいだ。自分がバカな子供なのは否定しないが。これは相変わらずなのだが、希死念慮的な何かがあるし諦観している面もある。私は死にたくないが、ある時突然ぱたっと死ぬようなことがあれば良いのだろうなとは思う。メンヘラもしくはファッションメンヘラがよくいう「死にたい」ではなく「死にたくないけど死んだら死んだでいいや、っていうか死んだほうがいいんだろうな」みたいな感覚だ。私は自我が強いと前に述べた気がするが、こういうところでは恐ろしいくらい諦観しているのが複雑で仕方ない。我ながら私は一体どういう人間なのかと混乱してしまう。私は全てのことで自分を一番に考えるべきだと思っているし、自分が大切で仕方ない。にもかかわらず、生死の話では「死んだら死んだでいい」「死んだほうがいいのかな」と手のひらをかえすのだ。わけわからんなホント……。一度しっかり自己分析でもしようか。暇な時やってるつもりだけど、結論が常に「複雑な、あるいは分裂した人間」になってしまうからもう分裂人間でいいのかもしれない……。

さて、開始早々暗い記事になってしまったが精神的にはむしろ明るいくらいなので今後について語ろう。まずブログは、精神的に復帰できたので毎日更新をいつものようにやると思う。前までの暗い自分語りはなくなってほしいな……。書きたいネタとしてはやはりゲーム関係やラブライブだな。前に記事はあまり書かないと述べたパワプロ2016は、意外にも結構書くことがありそうなのでダクソ3と並行して書いていくと思う。すっかり放置している衒学的哲学も書きたい。
今日はこの後バッセンに行き、髪切ってゲーセン行って息抜きをしてくる。ようやく娯楽を楽しめるようなメンタルになって良かった。