世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

今更始めるポケモン青プレイ日記 その3〜ゆうれい~リールが滑る、迄〜

タマムシシティなう。グリーンめ、今度はシオンタウンのポケモンタワーで勝負を仕掛けてきやがった……。ところで、この時代ってポケモンが死んだとか殺されたとか割と明確に描写しちゃうんですね。まぁ、金銀にもシオンタウンやポケモンタワーはあったのだが、ロケット団に殺されたとか言ってるNPCいたっけ……? ポケモンがいずれ死ぬみたいなことは言ってた気がするけど。大分昔のゲームだし、ポケモンというか任天堂のブラックな面がストレートに出ている気がする。そんなことを考えながらポケモンタワーを登っていたら

 

ゆうれい:L20

 

うひょーwwwwwwwww無理無理無理怖い怖い怖いwwwwwwwwブラックどころかブラックホールではないか……。「ゆうれいの しょうたいが つかめない!」みたいなメッセージ出てたけど(うろ覚え)MOTHERか何かですか……。モンスターボールを投げてみたら「こいつはつかまりそうにないぞ!」とか出てくるし。前にピクミン2のアメボウズについて記事を書いたが、これもみんなのトラウマとして語られてそうだ。今は情報制限してるので今はゆうれいについて何もわからないのだけど。

 

で、シルフスコープ?が必要らしいがシルフカンパニーがどこにあったか全く覚えてないので適当に進んでタマムシシティへ。あ、覚えてないっていうのは金銀世代のお話です。そもそもシルフカンパニーってなんだっけってレベル。

……まぁ、タイトルから大体想像はつくだろうが、ゲームコーナーにドはまりしている。楽しすぎますよ 神。ここでかなり時間使いそうなので(ミニリュウと全わざマシンを狙っている……)プレイ時間に支障が出そうだが、仕方あるまい……タイムアタックしてるわけでもないし……。

ゲームコーナーの攻略、考えてみるとわからない。いい台とか悪い台とか全然わかりません。とりあえず7やBARなどの大役をテンパイしたら第三リールを目押しするのだが、完璧な目押しでも滑りが発生するので、内部の当たるタイミングでなければ目押しの意味はなさそうだ。打ってる内に小役が連続でそろい始めるので、適当に打つのが一番いいかもしれない。

今回はここまで。みんな、Good bye see you again!

 

 

 

 

 

 

 

 

タチサレ……タチサレ……

あ、あなたの肩に白い手が……