世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

全国高等学校野球選手権大会神奈川県大会 戦況その13〜幕〜

優勝は横浜高校です! 何この出オチ。

 

決勝は中途半端に観てただけなので何も書かないでおく……いやしかし神奈川県予選は今年も良かった。今年は、なんだかんだ絶対的優勝候補と言われるようなチームはなかった。それゆえどこが来るかわからないという面白さがあったし、古豪や公立校が強豪私立を苦しめるという展開も見応えがあった。勿論、神奈川県予選そのものがハイレベルというのもあるが。一方で、優勝した横浜や準優勝の東海大相模もやはりすごい。たとえ苦戦しようとも勝ち上がって来る。これが名門という感じ。プロ注目のエース本田くんを擁する星槎国際湘南も、敗れはしたが躍進を遂げたと思う。ノーシードからベスト4に残った日大も来年に繋がる結果であろう。桐光もやはり強かった。山田くんの打撃や1年生左腕冨田くんが印象に残っている。同じく1年生の谷村くんも含めて、来年が楽しみだ。まぁ横浜の4番増田くんが全部持っていきましたけどね。増田くんはすごい。甲子園で彼の打撃がどこまで通用するか楽しみだ。神奈川の力を見せつけてほしい。プロ入りもあるのかもしれないが、さすがにそう甘くないのだろうか? 今後の動向も見ておこう。

 

ということで、雑な部分もありましたが神奈川県予選についてはここまでです。読んでくれた方に感謝を。甲子園の記事についてはモチベにもよるが、もしかすると書くかもしれない。それじゃあみんな、Goodbye see you again!