世の中そんなに甘くない!

日本では最底辺に位置するであろううつ病の自称異端者が適当に語ってみるスレ。

パニックとの戦いのキロク Part.1

多分Part.1で打ち切りになると思う、というかそうであってくれ。

さて、何がしたいかというと、前回のパニック起こして生死の境をさまよってトラウマになってしまった事件から、自分の行動や状況を記録しておこうという完全にメモ帳に書け的な記事である。しかし聞いて驚くな、これは医学的根拠に基づいた高度な認知行動療法なのだ。というのは適当に書いた嘘で多分そんなことない。とはいえ、離脱症状からパニックを起こしてしまった人の参考になったり(限定的すぎるが)、自分でも近況を記録していくことにより多分快復が早まったりしたりしなかったりすると思うので自己満足も含めて書いていく。ちなみに、さっきも使ったトラウマという言葉だが、医学的には多分あっていない(パニック障害というのが正しいもしくは近い?)。でも面倒なのでトラウマという言葉を使用していく。

面倒なのとわかりやすいようにという意味で箇条書き。

 

・最近の状況

一昨日昨日は常に親が家にいたことも含めてかパニックに至るような不安は全くなかった。一昨々日は電話で親を呼ぼうかというくらい不安で追い詰められていたので、親がいるという安心感を含めてもとりあえず状況は良くなっていると思う。ブログを書く余裕も出てきたし。一応、体調に異変を感じるのは21:00〜22:00辺りで、原因は不明。症状は軽度な不安と落ち着かなさ、精神的な高ぶりなど。とはいえ、呼吸がおかしくなったり心拍数が上がったりはしていないので多分精神的問題(根性で快復しろというわけではないが……)。あとこの時間はリハビリ的な意味で音楽を聴いたりしてる(後述)のでそれで高ぶってるだけかもしれない。逆に23:00あたりからは非常に落ち着いており、2:00くらいまで起きていることも可能になった。前までは深夜に異様な不安感(親が寝ているのでパニックを起こしたら面倒なことになるという心境からだろう)があったのだが、むしろ安定した時間になってしまった。よくわからない。寝つきはあれ以来ものすごく悪く、睡眠導入剤すら効かなくなってしまい寝付くのに1時間半くらいかかっている気がする。これはちょっと回復できるかどうか怪しい……。

 

・行動、状況への不安(予期不安?)

パニックを起こして以来、恐怖から意図的に避けているものがいくつもある。それをまとめる。ちなみに、克服するためには向かっていくのが一番なのでここでだらだら逃げていても仕方がない……のだが、まとめること自体は有効だと思うので記載。

 

☆ゲーム

ライトゲーマーの私に致命的な予期不安。恐らく原因は、パニックを起こす前の離脱症状下でゲームをプレイしていた時異様に興奮してしまったのがトラウマに近い状況になっているからだろう。症状としては、PS4の電源を入れて体調を崩すというヤバコイルなもの。あまりに症状が重かったのでそれ以来ゲーム機には触れていない……。スマホのゲームはできている(はねろ! コイキングというゲームをやっていた)。

対処法としては「コントローラーを握り、ゲーム機の電源をつけるところまで行く(プレイはしないでも良い)」「調子が良かったらちょっとプレイしてみる(体調が悪くなったらすぐやめて良い)」あたりか。BF1のようなFPSはかなり神経を使う上、パニック前にBF1の影響で異様な興奮状態に陥ってることから、かなり恐怖が強い。今プレイしたらさすがにやばいと思うので、他のゲームで慣らしていこうと思う。PS4ダライアスあたり、PCとPSVitaでマイクラあたりが多少気楽にできるか。関係ないが、今日夢の中で、ネプテューヌRebirth1を「プレイしていた」。この心の傷が癒えたら、ノワールに会いにいくんだ……。

 

☆広場(広場恐怖症もどき)

特に致命的なのは電車か。「電車内だとパニックを起こしたらやばい」という恐怖を想像してしまい、そもそも乗ることに恐怖を抱いている。と思ったが、パニックを起こした次の日に、そこそこ不安定ながらも普通に往復1時間半くらいの満員電車に乗っているので実は多分大したことない。一応対処するとすれば、各駅停車に乗って慣らしつつ、万一パニックを起こしそうになったらさっさと降りてしまうくらいか。でも普通に特急の満員電車特攻でいける気がする。「きょうふ(とてもこわくてにげられない)」のデバフを受けている気分(伝わりにくいネタ)。他、友人と遊ぶことが怖い。映画館も怖い。遊園地やジェットコースターも怖い。この辺は想像力で恐怖を増大させてしまっている。割と酷い症状。ダレカタスケテェ-

 

☆音楽鑑賞

パニック直後は音楽を聴くということにすら恐怖を抱いていたが、少しずつ慣らしていって今は聴けるようになった。ただし、長時間聞いていると気分が悪くなる。音の刺激が神経を高ぶらせていると推測。

 

☆パソコン

長く使ってると体調悪くなる気がするが、多分気のせい。強いて言えば光の刺激が影響しているか。でも多分気のせいなのでこれからも普通に使っていく。

 

☆一人でいる時

親がいなかったり、外出したりする時に恐怖を抱く。パニックを起こしても頼れる人がいないという不安からだろう。しかし、親が寝ている今の状態でも一人でブログを書いているので多分気のせい。どちらかというと外出時全般が怖い……が、これも多分大したことない……。慣らすとしたらファミレスで居座るとかだろうか。ヒトカラしたいけど怖い。

 

☆カフェイン

カフェオレ飲むのが怖くなった。神経を高ぶらせてしまうのが怖いのだろう。でも緑茶や紅茶は普通に飲んでいるし、胃に何か入っている状態であれば恐らく飲める。とはいえ、これは割と重いほうの症状。

 

探せば他にもあるかもしれないが、悪化させるだけので打ち切る。

 

・パニック自体への不安

あれだけ酷かったはずが、今はほぼ抜けきっている。考えてみるとパニックで死ぬはずないので当然である。そして、そのパニックに対して不安を抱く必要も、考えてみるとあまりない……。よって、1週間後くらいにはピンピンしてるんじゃないかな……。

 

・最後に一言

だーかーらーたまにはビシっとービーヴロストみたいにー

スーパー! ハイパー! キメちゃうよ

あーたしー 女神なんでしょ!?

 

ご愛読ありがとうございました。