世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

生死の境をさまよっていたお話

ここ数日、冗談抜きで生死の境をさまよっていた。阿知賀編園城寺怜ちゃんにも引けを取らないほど(?)のヤバさで、今度リアルで麻雀を打てば一巡先が見えるのではないかと思うほど。正確には「精神的に」生死の境をさまよっていたと言うべきか、身体的には多分大したことではなかったのだが、そんなことは私にとって関係ないほど、本当に死の恐怖にさらされていた……。ちなみに、当然ながら無事トラウマになり、今日も電車に乗っているだけで怖かった。これも後述。

 

さて、では一体何があったのかというと、一言で言ってしまえば離脱症状と、それに伴う「パニック発作を起こしていた。離脱症状とは何かというと、特定の薬を長く使っていた状態で突然その薬を断った時に、精神や身体がその変化についていけず身体的に好ましくない症状が出てしまうというもの。ひと昔前の禁断症状(麻薬などでよく使われるイメージだが、別に麻薬限定ではない)という言葉に代わる言葉で、人によっては禁断症状と言った方がすぐ理解できるかもしれない。

私は先日、医者に処方をやめてもらった精神安定剤を切らした。しかしまぁ大したことないだろうと放置していたのだが、切らしてから1日目、突然夜中異常な興奮状態に。この時点ですでにおかしかったのですぐ気付くべきだったのだが、この時の私はゲームのプレイ後であり「ゲームで興奮しすぎたかな」と適当に脳内完結して無理やり眠りにつく。幸か不幸か、睡眠導入剤が処方されていたのでそれを飲んだらなんとか眠れた。そして2日目の夜、今度は興奮状態に加えて呼吸がおかしくなる。深呼吸をしなければ正常な呼吸が出来ないような状態で、さすがに私もこの異常事態に気づいたのだが「まぁ、多分離脱症状だろうけど明日には治るだろ」とまさかの無対応。そして地獄の3日目に突入する……。

おととい夜まではなんともなかったのだが、夜が更ける(昨日に日付が変わったあたり?)に連れて、2日目と同じ呼吸の異常、興奮状態という症状が出る。しかし、前回と比べてかなり強いものであった。夜になった頃には「昨日と同じ程度だろうし、今日耐えれば離脱症状も抜け出せるだろう」と安易に考えていたのだが、時が経つに連れて、ただの興奮状態ではなく「自分が今一人だという不安」「呼吸がおかしい、過呼吸を起こすのではないかという不安」「このままだと死ぬのではないかという不安」など、処理しきれないほどの異様な不安感に襲われる。呼吸も普段とはまるで違い、意識的に深呼吸をしても正常な呼吸が出来ない(浅く吸ったり、ペースが速かったり。ただし過呼吸というほどではない)状態。しばらく一人で落ち着かせようと、部屋を暗くして刺激を極力排除し、仰向けになってひたすら深呼吸を繰り返していたのだが、全く治る気配がない。生命の危険を感じた私は寝ている親を起こし「死ぬかもしれない」「救急車呼んで」などと話す完全な錯乱状態に。この時のことは鮮明に覚えており「あ、人ってこうやって死ぬのか?」「シニタクナイ、シニタクナーイ」みたいな思考がひたすら脳内を駆け巡っていた。私としては本気で救急車呼ぶレベルだと思っていたのだが、親は冷静で「とりあえず口に手を当てて深呼吸してろ」とのありがたい指示をいただく。私は「大丈夫かな」「もしやばかったら救急車呼んでね」と、誰がどう見てもパニックを起こしている状態でなんとか深呼吸。それでも正常な呼吸ができず「過呼吸起こすんじゃないか」「過呼吸を起こすという不安で過呼吸を起こすんじゃないか」「僕は死ぬのか」と、完全に死の恐怖に支配される。この頃は本当に死ぬと思っており、吐き気や全身の血が熱くなるような症状が起こっていた(もしかすると、この症状は死の恐怖がもたらした幻影かもしれない。かっこいい言い方をすればファントムペイン的な)。過剰な恐怖のあまり右太ももを拳で軽く連打したり、その場に横になってごろごろ転がったり、親にうわ言のように(というか、うわ言そのものかもしれない)「大丈夫かな」「大丈夫かな」と言ったり、パニックを起こしたまま。その後、血圧を測り(至って正常な数値だった。もちろん当の私はそれどころではない)、偶然家にあった精神安定剤を急遽服用(これがなかったらホントに死んでいたのではないかと思う。多分そんなことはないが)、親の勧めで親に付き添ってもらい散歩した後(どうでもいいが、この時ゴキブリを見つけて踏み殺そうとしたら親に止められた。この時もパニックに近い状態だったのに、何を考えていたのだろうか……)、ホットミルクを飲みしばらく座っていたら、薬の効き目もあったのかようやく落ち着いた……。その後すぐ寝ようとしたものの、またパニックを起こしほぼ同じ流れで死ぬのではないかと恐怖に襲われる。しかしこの時急遽睡眠導入剤を服用し(我ながら好判断だった)、パニックが本格的になる前にぎりぎり眠りについた。こうして、私の死の恐怖は眠りと共に終わりを迎えた。

そして昨日夕方、突然ながら病院に行き精神安定剤を処方。一件落着……と思いきやそんなことはなく「またパニックを起こしたらどうしよう」「電車に乗っている時パニックを起こしたらまずいのではないか」「一人でいるのが怖い」などのいわゆる予期不安(パニック発作を起こすのではないかという不安により生活に支障をきたすこと。酷い時は、この不安によりパニック発作を起こしてしまう最悪のケースもある)の症状が出てしまった。今日電車に乗っている時も、電車に人が多かったのもあり「ここでパニックを起こしたらやばい」というかなりの不安があった。いわばトラウマ化してしまったのである。

 

と、まぁ印象に残りまくっていたので生存報告も兼ねて記事を書いてみたが、精神安定剤などの服用を突然断つのは絶対にやめるべきだろう。勇気があるのならやってみてもいいかもしれない。本当に死の恐怖を味わえる。そして、二度と断薬はしないと心に誓うだろう……。

今後どうすればいいのかわからないが、とりあえず予期不安が抜けきって正常な生活ができるようになるまで様子を見る。薬に対してはこんなにも恐ろしい症状が出るものなのかと恐怖を抱いているが、多分普通に薬を徐々に減らせば大丈夫だろうしこれも様子見。と言っても、可能なら入院したいレベルでトラウマになってしまった……。おしまい。