読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中そんなに甘くない!

日本では最底辺に位置するであろううつ病の自称異端者が適当に語ってみるスレ。

らーらーらーにーじがーにじがーそーらにーかかってー

ぼーくのーぼくのーきーぶんーも晴れればよかったのだが、久々に鬱が入ってしまった。この歌好き。
私がうつ病かと言われれば99%を否定するし、実際そうではないだろう。しかし、頻度は減っているものの時たま急激に気分が沈むことがある。うつ病ではなく、うつ状態というか。

未来が見えない。とても怖い。親にも負担をかけている。このニートという肩書きもよろしくない。いや、私は今のところ別にいいが、親とかに迷惑をかけるくらいなら死んでしまった方が、もとい消えてしまった方がいいのではないかと思う。

昨日までの隣人が、戦友が、家族が、私を見切る時が来るかもしれない。私を恨んでいる人間はいないか(多分いない)。私をバカにしている人間はいないか(これも多分いない)。私は本当に誰かに必要とされているのか(多分誰にも必要とされてない)。私を殺してやりたいと思っている人間は、本当に誰もいないのか!!(いるわけない) ※元ネタはMPOメタルギアシリーズ)、ジーンの演説

私の周りのことは気にしないとしても、私自身が空虚なのが怖い。何もない、私には何も。今まで本当に何も積み上げて来なかった。絶望するほどに。昔から、基本自分を否定しつつも、頭のどこかで私はすごいんじゃないかと思っていたのだが、この甘えをここまで引っ張ってきてしまったのが大激痛ですね。ところで、この思い込みの根拠はどこにあったのだろう……まぐれでそこそこの進学校に入ってしまってから、周りがすごかったから自分もすごいとか勘違いし始めた気がする。

しかしまぁ、どうしようもないし寝るか。おやすみ。