世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

これからジョギングをやるに当たって心構えをメモっておく

4/8あたりから始めて、まぁ今日3回目を走ってきたばかりなのだが。精神状態が悪い日はやる気にならなかったので、かなり適当。長続きするかは知らないが、ここにジョギングの心構えを自分用に書いていこうと思う。もしジョギングを始めようという方がこの記事を見ても、大抵の人にはあまり参考にならない。と思う。

 

1.やりたければやる、やりたくなければやらない

いきなりゴミみたいな心構えだが、そもそもここに書いているのは形式上心構えと称しているだけであって、実際はそんな大層なものではない。

ぶっちゃけ、やる気がなければその日は休みでいいでしょう。始めてみてわかったのだが、日によって「お、今日はいけるか?」とめっちゃやる気が湧き上がる日もあれば「今日はちょっとだるいな」というあんまりやる気にならない日もある。そんな中で1日1回走るとか目標を決めてしまったら却ってやる気がなくなるに決まっている。目標を達成できなかった時のネガティヴ思考もさらにやる気が失せる。目標に走らされるのではなく、意思で走るのだ。よって面倒な日はやる必要なし。雨の日もだるいからやめよう。朝起きれなかったらやめよう。やる気があるかどうかわからない明日から頑張るんじゃない。やる気がある今日だけ頑張るんだ。やる気がある日にやるだけでも私にしてはすごい頑張っている。さらに、やる気のある時は強制的に走らされてる感がなく気持ちよく走れる。目標を定めるのは当分先か、最低週1から週2レベルの激緩目標で良いだろう。月1とかでもやらないよりは10倍マシ。

 

2.やる前に準備しておく

やる気がある日は準備にも気合が入るので自然とついてくる。これも面倒ならすっ飛ばして走ってきて良いだろう。だるいし。

まず、朝にやる。朝食前に、ホットのカフェオレを飲む。なんでも、カフェインが脂肪燃焼に効果があるとか。暑い日に(記事を書いているこの日はクソ暑い)ホットを飲むのはちょっと億劫かもしれないが、多分キンキンのアイスカフェオレとかだと吸収が遅い。朝いきなり胃を冷やすのもよくないだろうし、ここは無難に。ちなみに、コーヒーに強い人(というか、普通の人)はブラックの方がいいらしい。私はお子様舌+カフェインに弱い+胃が弱いので無理ぽ。

コーヒーを飲んでから吸収まで30分くらいあるみたいなので、お腹のたぷたぷがおさまってきたらストレッチ。これもぶっちゃけ適当でいい。たかだか20分のジョギングに入念なストレッチとか必要ですか。適当に屈伸とか柔軟とか、腰回し腕回し首回し程度でいいだろう。余裕があれば股関節の柔軟やアキレス腱伸ばしも。どちらかというと、走るためにやるというより、ついでに柔軟性も欲しいなとか体柔らかいとかっこいいなとかそういうことを考えた方がモチベが上がる。何度も言うが、ストレッチがだるいからジョギングはやめるかとなっては本末転倒なので、できればやる、できなければやらない、の精神で。

 

3.走る

ストレッチが終わってコーヒーから30分くらい経ったらいよいよ外へ。朝食はとらないが、栄養が不足しているときにハードな運動をするとヤバいので、後述もするがとにかく無理しない。その分終わったらじっくり美味しく朝食を頂きましょう。ここでもし突然だるくなったら、とりあえず外に出てすぐ帰って二度寝でもしよう。まずないと思うが、もしあったら無理に走る必要なし。外に出ただけでも進歩である。逆に気合はあるけど不安という人は、とりあえずジョギングの格好に着替えて外に出るという目標を立てるのが良い。面倒だったら帰ればいいし、外に出たしやるかとなったら素晴らしい進歩。この記事全般に言えるが、とにかくハードルを最低レベルに下げる。どうでもいいが、私は高い目標を立てて自爆するタイプなのでこの方針は非常にあっている。完璧なんてクソ喰らえである。

走るコースも適当でいい。坂があるとキツいので自称スタミナに自信ニキでもなければ避けた方がいいかも。ランニング時に音楽を流すのも気持ちいい。今日走ってたらラブノベルズが流れて「がんばらねーばねーばねばぎぶあぷ」とめっちゃ煽られましたけどね。こっちは十分頑張ってるわボケ。これ以上頑張ったら死んじゃう。

さて、走る内容だが、体力が元々ある人でもなければほぼ歩くレベルでいい。走ってる格好だけつけて、実際は早足と同速かそれ以下で全然OK。というか、もはやウォーキングでも良い。これはジョギングの記事なので一応ジョギングの話を進めるが……。あと、ちょっと疲れた程度でも帰って良い。10分とか5分でもいい。私の経験なのだが、ジョギングを始めようとした時いきなり1時間くらい走ってめっちゃ疲れて「もう2度とやるか」となったことがあるので。ダイエットに関しては、有酸素運動の脂肪燃焼は20分後から本格的に始まるらしいので、できれば30分くらい走りたい……ところなのだが、ここも無理しない。別に20分でいいし、それ以下でも良い。っていうか私は今日も25分しか走ってない。そのうち体力がついてどんどん走れる時間も伸びていくだろうし、最初は気にしないでいいだろう。帰り道、家まで3分くらいになったら、ジョギングは終わりでゆっくり歩く。この時はウォーキングとかも意識せずぶらぶら歩くだけで良い。いわゆるクールダウンというやつ。特に私のようなもやしは心拍数が上がりまくるので、突然運動をやめると健康に悪い(と思う)。十分落ち着いたら帰宅。終わった後も軽くストレッチするといいらしいが、私は疲れているので本当に適当ストレッチをして終わってる。これも面倒ならやらないで良いだろう。

 

4.その他

この記事のようにジョギングやります頑張ります宣言なんてやらないで良い。言っておきますが、私もこんな記事書いてるけど明日にもやめるかもしれないし、いつでもやる気がなくなったらすぐやめてやりますよ。こうやって今日から頑張ります的な記事を書いても、先述のようにできなかったらネガティヴになったり走ることを強制されてしまうようなプレッシャーを受ける。そんな負荷を自分から背負わないで良い。でも、記録することによりモチベがアップする人もいると思うので(私としても1ヶ月に10回走れたとかモチベに繋がりそう)、ここは好みですかね。

 

5.まとめ

形から入らず、気が向いた時だけ走ろう。おしまい。