世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

WBCで山田哲人選手の打球をスタンドから捕球した少年について

もう許したれや……。

 

あえてここでは短くまとめるが、彼はここまで叩かれる必要はあっただろうか。無論、国際試合という重要な舞台で彼のやったことはマナーに反し、試合の結果も覆そうかという重大な過失である(ここでは結果論については述べない)。しかし、あんな感じでボールが飛んで来たら、子供はおろか大人でも「うおおボールきたあああグラブだグラブ捕球するぞ!」と舞い上がってしまうのではないか……? そう言った意味では、確かに重大であるが、同時に誰にでも起こり得た過失であり、誰もが責められることではないように思える。

私もビデオ判定に突入した当初は「ふざけんなよクソが!」と憤った。しかし、2chツイッターを見てみると私の想像を超える私刑が行われていたのである。この少年の本名はすでに特定されているらしく、顔写真と本名がネットに流れさらに批判の対象になっている。そして思った。もう許したれや……と。

顔写真や本名が流失したのは本人のガードの甘さも要因だが、それにしてもここまでの刑はオーバーキルどころの話ではない。Lv100のウインディがレベル1のカミツルギにもえつきるを撃つくらいのやりすぎである。少年はこの直後警備員に東京ドームを追い出されているようで(多分少年の身が危なかったのだろう)、観ている人からすればそれじゃすまないだろうという心中もあるだろうが、そこはなんとか堪えて「まあ許すか」とすべきだった。だって、顔写真と本名の流失ですよ。私がこうなったら……と想像するだけで身が震える。まぁ、少年の過失もあるしネットは本当に無法地帯なのでしょうがないといえばしょうがないのだが。この辺は少年にも認識の甘さがあった。

 

彼は今日どんな気持ちで学校へと向かうのか。家族の心境はどんなものか。今一度考えると、やはりかわいそうである。

悲しい事件だった。しかし、これがネットなのだ。

 

※追記

ルール上はどうなのか、という問題を調べた範囲で書き出しておく。

ボールインプレーで山田選手の打ったスタンドギリギリと思われる打球を観客がキャッチしたことについては、この試合の通り「エンタイトルツーベース(審判の判断で安全進塁権が与えられる?)」となる。私は知っていたルールのつもりだったが、いざ目の当たりにすると「あれ? これエンタイトルツーベースであってる? あれ?」と混乱した。

観客側としては、ボールインプレー、競技真っ只中でその試合の行方を左右する打球に手を出すわけで、ルール上はともかくマナーとしては最悪の行為であることは疑いない。アメリカではボールインプレーの打球に手を出した観客は即刻退場、出入り禁止という慣習があるらしく、日本でも同じく重大な過失とされるようだ。確かにこんなことされたらそりゃ普通に観てる人は怒りますね……それについては否定しない。