世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

日常に帰還ぱーと2

前回の無理やりねじ込んだポエムは記憶から消してくださいああああ恥ずかしいいいいいい

しかし、負の遺産として残しておく。それに割と私の国語力が活かされてる気がするし……。というか、如何に自然に痛々しい文章を書けるかの勉強にもなる気がするので今後も謎ポエムをねじ込んでいくかも知れない。まぁ、海未ちゃんも通った道だし……(?)

 

本題へ。昨日まで友人宅に泊まりこみで遊んでいたのだが、昨日の夜ごろに帰還。ちなみに、滞在していたのは記憶が合っていれば3泊4日。いやぁ、冷静に考えると3泊もさせて貰えるなんてなんていい友人なのだろう。度々居座ってるのであまり考えることはないが、色々な意味でこういうことができるのはいい関係性だな。まぁ、前に一週間くらい居座った記憶もあるが……。

やったことは多岐にわたるが、前々回の記事でも多少書いたと思うのでその後にやったことだけ……といっても、一つしかない気がする。友人とラブライブ!ファイナルライブの観賞会をしていたのだ。かなり長い時間になったが、お酒を飲みつつ(ちなみに日本酒だったので私はお湯でかなり薄めていた)サイリウムを振ってコールを打つのはなかなか楽しかった。もっとも、側から見ると異様な光景であろうことは言うまでもないが……友人は一人暮らしなので特に気にせず二人とも大声でコールをしていた。

それにしても、友人に比べると私は随分にわかラブライブファンだと思ってしまう……ファイナルライブでも知ってる曲は半分くらいで、まともにコールを打てた曲は数える程しかなかった。月並みな考え方だが、ファンでありその作品が好きなら知識や経験など関係ないと思う。好きなら好きで良いことだろう。よほど器の狭い人間でもない限り、知識や経験の少なさを責められることもないだろうし。しかし、この作品や自分のこととなると話は別。他人にどう思われるとか以前に、ラブライブという作品が好きならばもう少し詳しくなるべきではないかと思ってしまうわけである……。ラブライブキャラの妄想だけなら有り余るくらいやってるんですけどねむしろこっち方面なら最強かも知れない……。

 

ということで、とりあえず自宅に帰還したのとラブライブに関してのちょっとしたお話でした。今回から普通に更新できる……とは思うが、現実はゲームで忙しいので更新頻度は不明。じゃあみんな、Goodbye see you again!

この記事は、例の花の提供でお送りしました。