世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

バトルツリーノーマルシングル制覇〜ポケットモンスタームーンプレイ日記 その8〜

Good morning♪ ノアだよっ! みんな、今日もよろしくね!

 

昨日変な時間に寝落ちして、結果的に生活リズムがまた崩壊した。仕方ないのでこの時間にポケモンをやっている。今はちょっと一息つきたかったので、ガス抜きがてらブログを書いているわけだ。

 

ポケモンの方はようやく育成済みポケモンが3体揃ったことと、とにかくBPが枯渇(というか元々ないんだけど)していることからバトルツリーに手をつけた。しかし育成済みポケモンと言ってもパーティ構成は何にも考えていないので、制覇するのに少し手間取ってしまった。いや、育成済みポケモンでノーマルシングルのバトルツリー潜るなら勝てるだろと思われるかもしれないが、パーティ構成の適当さに加えてブランクがあったので許してほしい。とりあえず、パーティを晒してみる。

 

・エーフィ A抜け5VおくびょうHS252B4 特性:マジックミラー 持ち物:ひかりのねんど ※先発

サイコキネシス/あくび/リフレクター/ひかりのかべ

ルカリオ C抜け5VようきAS252H4 特性:せいしんりょく 持ち物:くろおび

バレットパンチ/とびひざげり/しんそく/つるぎのまい

・ミミッキュ C抜け5VようきAS252H4 特性:ばけのかわ 持ち物:いのちのたま

じゃれつく/シャドークロー/かげうち/つるぎのまい

 

多分パーティのバランスは悪いのではないかと思う。というのも、安定して受けられるポケモンがいないのだ。エーフィはともかく、後続は完全な積みアタッカー。ミミッキュはばけのかわによりつるまいは積めるものの、エーフィのサポートがないと二体とも動きづらいので不安定な構成に見えるのだ(初心者なのであくまで感覚。むしろ強いパーティだ、という意見があれば是非解説してほしい)。

パーティのコンセプトとしては、エーフィが先鋒で壁を張るかあくびを撃つ。上から抜群を撃ち込める対面の場合は直接サイキネで相手を突破。重い相手には先にあくびを撃ち、落とせないが受けられる相手(H振りなのでゴーストやあくなどの不利な相手でも技によっては受けられる)には相手の技が物理か特殊か見極めて先に壁を張り、その後もう一枚の壁を張ってからあくび。つまり、どうせあくび。しかも相手は交代せず普通に居座ってくる(バトルツリーとはいえノーマルだとAIが弱いのだろうか?)ので、眠ったのを確認してからルカリオかミミッキュを選択して後出し。つるまいを一回は積めるので、あとはそのまま強引に突破していく感じだろうか。エーフィはすばやさ的にも耐久力的にも上から重い一撃を撃たれない限り一回は仕事ができるので、そこで壁かあくびを選択しつつ可能なら壁をばらまいてからあくびで相手を眠らせ後出しする形が多かった。

何回か負けたが、相手のAIを理解してからはこちらもそれに対抗。特に、ノーマルシングルだと相手がエーフィにどくどくやでんじは、ちょうはつやアンコールを撃つ凄まじい光景が見られた。一人で何してんだお前……。その他、あくびを撃っても交代してこないので大抵眠らせることができた。以下、20連勝時の各ポケモンの感想。

 

・エーフィ

こいつがいないとパーティが成り立たないのである意味パーティの要。♀の理想個体。嫁ポケとかいうやつですね、はい。相手の補助技を全てマジックミラーで跳ね返す姿は「こいつホントにマイナーポケなのか?」と思わせるほど強い。今に言うことではないだろうが、強力な特性だなマジミラ……。壁を張り相手を眠らせどんな相手でも後続の起点できるのが強みだが、一方で壁を張ってあくびを撃つとやることがなくなる(サイキネは等倍だが敵の耐久力が高い、もしくはサイキネが半減される相手に顕著)のはちょっと引っかかった。どちらかと言うとさっさと死んで後続をスムーズに無償降臨させたかったのだが、意外と耐えてしまうので結局引っ込めてルカリオかミミッキュを後出し(ミミッキュは後出し時攻撃を受けた時点でばけのかわが剥がされるので、特に後出しと相性が悪い)せざるを得ない場面も。この辺はやはりパーティが悪いのだろう。特にミミッキュは死に出しできると強い一方、前述の通り仕方なくする後出しだと極めて弱いので少なくともこの枠は他のポケモンにしたほうがいいように感じる(個人的には、壁張り状態で積んで火力も出せる受けが理想。なのだが、正解なのだろうか? この辺りも詳しい人に聞きたいところである。)。とはいえ、マジミラあくび壁張りから後続を万全な状態で積ませられるのはエーフィの強さ。素の特攻が高い分、サイキネもそこそこ火力が出るので場合によっては死ぬまで居座り相手に負担を強いることも。重い相手は単体での突破が不可能なので、あくびでごまかすパターンが多かった。

 

ルカリオ

BPがないせいでメガシンカが出来ないので持ち物が酷いことになっている(本当はいのちのたまを持たせたかったのだが、ばけのかわがあるミミッキュを優先した)ルカリオだが、エーフィが呼ぶあくに強く、壁張り状態で降臨すれば後出しでもつるまいを積めることもあり、積んだ際の突破力は随一。ただし、とびひざげりが若干運ゲーで、これを外すとわざわざ積んだのにもかかわらずそのままものすごい勢いで死んでいくお茶目なドジっ子(♂だけど)。対戦だととびひざげりの方がいい気がするのだけど、バトルツリーなら命中安定のインファイトなのか……? 詳しい人の意見を聞きたいところだ。壁とはがねタイプのおかげで割と相手を手詰まりにすることもあり、中にはつるまいを3回積んでから3タテするという暴力的(?)な場面も。逆にAS振りのせいで弱点を突かれるとペラッペラで「壁張ってるから1発耐えるだろ」と安易に後出ししたらじならしを急所にもらい即落ちしたことも。抜群が壁貫通すると大抵落ちそうですねこの子。他にもだいもんじでサクッと倒されたり、れいビで凍ったり、とびひざげりの命中も含めてムラッ気のある子らしい。バレパンとしんそくを持っており、まひ状態でもしんそくで無理やり相手に負担をかけられたりフェアリーなどにバレパンで圧力をかけられるのも突破力の高い点だが、技構成はこれでいいのだろうか?

 

・ミミッキュ

エーフィルカリオのコンビと相性が悪そうなのになぜ採用したのかというと、友人から理想個体を貰ったので即戦力として育て上げたからである。さっき言っていた「パーティを補完できる受けポケモン」もきせきヌルくらいしか思いつかず、あいつは性格何がいいのかわからず厳選が面倒なので「バトルツリー登るならとりあえず育成済み3体で組めばいいだろ」みたいな消去法で採用。タイプ自体は優秀なのだが、はがね持ちのルカリオと違い耐久はよりペラペラな上いのちのたま持ちと生存性能はゼロに近い。しかし、現環境ではトップレベルと言われる強ポケであり、その強さはやはり特性のばけのかわ。そこそこの素早さも相まってつるまいを確実に積んでからじゃれつくシャドークローが強力。上から叩いてくる相手、特に対ゴーストに作用するかげうちもつるまいを積んでいると侮れない火力が出る。天候によるスリップダメージをほぼ無視できたり、ドラゴンキラーとして運用できたりと単体では間違いなく強い。しかもかわいい。ただ、いのちのたま持ちな上耐久が紙すぎてエーフィの壁張りの恩恵が受けづらい点や「壁を張ってから後出し死に出しでアタッカーが積んで突破する」というパーティのコンセプトに合わない(先ほどの通り、死に出しできると強いが、後出しによりばけのかわが剥がされるとほぼ致命傷)ことから、かわいそうなことにミミッキュ単体の持つ高いポテンシャルのまま一人で暴れてたような印象がある。寂しがりって設定なのにパーティでもぼっち気味って……申し訳ない。今度ポケリフレで撫でておこう。何度も言うようだが、パーティとの相性が良くない(と、初心者なりに感じた)だけで、単体としては非常に強いポケモンであるのは間違いないと思われる。

 

さて、次はスーパーランクか……。とりあえずルカリオメガシンカアイテムが欲しいな。ポケモンに自信ニキの方がいらっしゃれば是非コメントをお願いします!

今日はここまで。みんな、Goodbye see you agein!

この記事は、バトルツリーの提供でお送りしました。