世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

その男、プロトレーダーにつき〜ポケットモンスタームーンプレイ日記 その2〜

Good evening♪ ノアだよっ! みんな、今日もよろしくね!

 

相変わらずポケモンにどっぷり浸かっている。気づいたら日付が変わっているこの感覚。さすがに没頭しすぎだろう……。と言っても、後述するようにストーリー進行は意外にもゆっくりなのだ。今は確かいわクリスタルをゲットした辺りだったと思う(ちなみに、今まででZ技を使ったことは一度もない。「わざわざ使わなくても勝てるか」みたいなノリである。シャレではない)。

で、なぜストーリー進行が遅いかというと、これはオンライン要素を回収したり、旅パを構成したり色々脇道に逸れつつプレイしているからである。あと、あんまり適当にやってると取り返しのつかない要素を見逃す可能性があるのが少し怖い……。

 

オンライン要素も旅パも同時に説明していこう。前提として、育成環境ができていない現在では対戦などは当然手をつけていない。前作もプレイしていないしな。それでは何をしているかというと、フェスサークルの強化主にGTSを使った交換そして、そのGTS交換で旅パを作り上げた……というのが現状だ。GTSというのは「グローバルトレードステーション」の略(確か)。記憶ではプレイ経験のあるHGSSやBWにも存在していたオンライン要素で、簡単に言ってしまえば世界中の人間とポケモンを交換できるというもの。希望のポケモンと交換に出すポケモンを設定して、その条件を受け入れてくれるプレイヤーがいれば自動で交換してくれたり、逆に希望のポケモンを探して自分が持ってるポケモンと交換できる条件が存在すればすぐに交換ができる。……のだが、適当にポケモンを出せば交換できるわけではない。例えば、その辺で捕まえたズバットミュウツーを交換したいなんて条件は、当然ではあるがまず成り立たない。つまり、希望のポケモンが希少価値の高いものなら、こちらもそれ相応の対価となるポケモンを用意する必要があるのだ。

しかし、私はHGSSから度々GTSを使用しており、その辺で捕まえた野生ポケモンを最終的にミュウにしたことがある。いわばわらしべ長者のようなものだが、このGTSに関してはなかなか得意である。その証拠に、あっさりと理想の旅パを完成させてしまった。まだストーリーがあんまり進んでいないのにレアなポケモンばっかりの旅パ、ちょっとここで晒してみる。スクショが撮れないので文字で伝えなければならないのがアレだが。

 

エーフィ♀ Lv34(エース)

ブラッキー♂ Lv33

ジュナイパー♂ Lv35

ラプラス♀ Lv20

タツベイ♂ Lv26

メタング Lv22

 

うーんこの。ストーリー的に多分この段階でラプラスを通常入手することは不可能だと思うのだが、GTSを使えばそんなことは関係ないのだ。ありがとうGTS、ありがとう世界中のトレーナーさん。「やじゅう」ってNNがついてるアシマリ♂とか「にこにこにー」ってNNがついてるアシマリ♀が流れてきたら、それは私のです。いや、なんか普通に交換するのも芸がないなと思って……。

GTSでレアポケを揃えるのは思いの外簡単で、まず第一に「メタモンを手に入れる」ことが重要。実は私、ここまで野生のメタモンは見てないし分布でも確認できていない。つまり、これもGTSで手に入れたものなのだ。え? 入手方法? 忘れた。多分レアと思われるポケモン預けとけば序盤でも交換してくれる人いると思います……。で、メタモンを用意したら次にレアポケ(私の場合、イーブイを使った。レアポケというほどかはわからない……)と合わせて預かり屋にぶちこむ。その後卵を量産し、孵化させまくる。……もうお分かりだろうが、あとはそれを欲しいポケモンとの交換条件で放流するだけだ。ひとつ注意点があって、自分の見たことがない(図鑑に情報が一切ない)ポケモンは交換希望のポケモンに設定できない。しかしこれについても抜け道があり、今作のQRスキャンで欲しいポケモンを図鑑に載せればいいのだ。これで交換希望が可能となるので、あとはそれでさらなるレアポケを入手して、それを量産して交換材料にしてまた欲しいポケモンを……と、いくらでも自分の欲しいポケモンを追求できる。自分の好きなポケモンで旅パを組むのも夢ではないだろう。問題は「レアポケって言ってもどの辺り?」という点なのだが、まずは御三家のニャビーアシマリモクローは交換希望者が多く、またメタモンがいれば最初に選んだ御三家と合わせて卵を量産できるのでお手軽に強い。他には序盤で手に入るイーブイやガーディなども割とイケる。その他、作中でレアポケ設定らしいピチュータツベイヒンバスなども序盤に手に入るので交換材料にしやすい。あとは先述の通り量産してさらに価値の高いポケモンに変えていけばいいので、軌道に乗ってしまえば簡単である。

 

以上、自分でプロトレーダーとか言っちゃう人の割と有用な攻略情報でした。前は攻略とは言えないようなプレイ日記だったが、今回はGTSを使ってる人にとって参考になるのではないだろうか。

……早くポケモンに戻りたいので今日はここまで。みんな、Goodbye see you again!

この記事は「快適な交換を世界中で」GTSの提供でお送りしました。