読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中そんなに甘くない!

日本では最底辺に位置するであろううつ病の自称異端者が適当に語ってみるスレ。

パープルハート様の弾薬配り

ゲーム ゲーム-BF1 ゲーム-超次元ゲイム ネプテューヌ

Good evening♪ ノアだよっ! みんな、今日もよろしくね!

 

今日はネプテューヌを少しとBF1をプレイ。ネプテューヌの方は、ねぷねぷがシリアスモードになったので私までシリアスが入ってしまいその辺りで止めている。もちろん内容はプレイ日記の方に書くが、いや、多分精神状態が悪いだけだろうけど、まさかシリアスが伝染するとは……。結局、BF1を割と長い時間プレイするのだった。

さて、相変わらず下手くそなのは置いておき、ちょっと画像を載せてみる。

 

▼ドヤ顔パープルハート様三連打(PSIDは隠してます)。

f:id:koremouwakanneena:20161028235414j:image

f:id:koremouwakanneena:20161028235731j:image

f:id:koremouwakanneena:20161028235418j:image

 

リザルト画面で、種類を問わず何か大きな成績を残したプレイヤーは「ハイライト」の画面に映るのだが、最近は結構高い割合でこのハイライトに映っている。当然ながらパプハ様以上に私がドヤ顔をかましているのだが……。

ところで、なぜ下手な私がこのハイライトに映れるのか。実は、バトルフィールドシリーズのコンクエストルールは相手をキルするよりも重要な要素が数多くある。例えばフラッグの防衛、占拠だったり、こちらの脅威になるビークルの破壊だったり……。つまり、キルよりデスの方が多くなりがち……というプレイヤーでも、兵科の特徴や状況の判断を熟知していれば勝利に貢献できるのだ(もっとも、相手を多くキルしてかつ勝利に貢献するのが一番なのだが)。コンクエストルールでは、単純に相手をキルしたりダメージを与える以外でも、相手の旗を奪取したり味方を回復するなどでも「スコア」が取れる。つまり、味方の支援や敵の偵察など、きちんと勝利に結びつく仕事をしていれば戦闘が下手でもスコアが取れるということだ。私の兵科は「援護兵」で、これにも兵科特有の役割がある。それが「弾薬補給」。弾薬ポーチや弾薬箱を使って、味方の弾薬をできる限り補給するのが大事な役割なのだ。私のガジェットは弾薬ポーチと迫撃砲なので、暇さえあれは味方に鬱陶しいほどの弾薬ポーチをぽいぽい投げつけている。味方を見たら投げているから当たり前ではあるのだが、この補給行為が多いおかげでハイライトに映るんですね。よくわからないが、再補給93ってどれだけ弾薬投げてるのだろうか……。私がいればみんなグレネード投げ放題だな。すでに私が投げまくってるけど。

で、本当に役に立っているのかはともかく下手でもこういうような貢献の仕方がありますよ、というお話なのだが……。

 

パープルハート「弾薬なら任せなさい(キリッ」

 

これでいいのか女神様……。なんかイメージが崩れる、そんなパプハ様でした。女神なんだから前線に突っ込んで敵薙ぎ払うとかしないの……?

 

今回はここまで。みんな、Goodbye See you again!

この記事は、みんな大好き、弾薬ポーチの提供でお送りしました。