読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中そんなに甘くない!

日本では最底辺に位置するであろううつ病の自称異端者が適当に語ってみるスレ。

私のためと差し出す手に、握ってるそれは首輪でしょ

ゲーム ゲーム-BF4

Good evening♪ ノアだよっ! みんな、今日もよろしくね!

 

タイトルなのだが、本記事とは全然関係ない。好きな歌詞をタイトルにすることはよくあるとは言ったけれど、これはどうなのだろうか……。つくづく読者さんのことを考えていないブログである。ロミオとシンデレラは厨二を凝縮した感じの歌詞が好き。悪く言えばチープというか現実的かつ厨二的なのだが、それがボカロらしくてむしろ良いところだと思う。ボカロの歌詞はだいたいこんなものが多いが、中高生にウケる文化なのはこういうその層に響く歌詞が多いからだと思う。

 

と、ここまで関係ない話でした。今回はBF4の記事。ネプテューヌ以上に久々に取り上げるゲームである。

前々からちょくちょく述べていたが、BF1に備えてBF4を1回くらいはプレイし直そうかと思っていて、ちょうど今日FPSをやりたい気分になったので起動した感じである。考えてみると、もう明々後日にはBF1発売か……私のようなキルレ0.67の雑魚が発売日特攻したらミンチより酷いことになりそうで今から怖い……。という愚痴を言っても仕方ないのであまりに余ったXPブーストを起動しつつ(BF1では絶対序盤にブーストを使うぞ……)戦場へ。今回は、偵察兵でDMRによる中-遠距離戦をやろうと考えていた。偵察兵のアンロックがまだ完全でないというのと、なんとなく芋砂してキルレをごまかそうみたいな(一応言っておくが、FPS……というか、少なくともBF4における芋砂はかなりスキルがなければお荷物にしかならないだろう。というか、私がそうだった……)エゴによるものである。で、偵察兵でしばらくDMRをバンバンしてた結果……。

ダメだこれは。どうやら私に選抜狙撃手は無理なようである。そもそも、動いてないとやられそうで怖いので動きまくる私にとって静止してスナイプするのは性に合わなすぎた……。戦果がないわけではないが、エイムも下手で先にやられるパターンが多い。唯一のファインプレーは、C4特攻で相手の自走砲をどっかんした「それ援護兵でいいだろ」というプレイのみ。他にいいところは、何一つありませんでした……。

 

明々後日には第一次世界大戦の世界にいるわけだが、私ははたしてこの先生きのこれるのだろうか……。