世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

雑記的雑記@近況報告 24時間テレビとか

この雑記ってシステム、私の生活をただ書き連ねてるだけなので読んでる人にとっては退屈そうで申し訳ない。このブログの活用が日記帳に近いものなので必然的にこういう記事、日記や忘備録的なものが増えてしまう。ジャンルを絞ったブログの方が読者が楽しいのは言うまでもないので、毎回ちょっとひっかかるのだ。でも改善しないんですよね。

前置きはここまでにして最近の出来事をつらつら書いていく。

 

・日本語って難しい

実は先ほど使った「つらつら」という表現、厳密に言うと誤用である。誤用が定着してしまった日本語は数多くあるが、これは間違える人が悪いというより日本語が難しいと捉えたほうが良いだろう。いつか暇な時記事に起こすかもしれない。一応、私は現代文がかなり得意である。文章力も高いとそれなりに自負している。

 

・24時間テレビ

今年もこの時が来たか……という感じ。と言っても、ドラマ以外は流し見してたしドラマもあまり集中してみてなかった。

番組としては面白いのだが、ところどころで偽善と思ってしまう事が多いのはひねくれているのだろうか? 私は小さい頃知的障害者に怪我を負わされたことから知的障害者を強く憎んでいるので、観ていても優しい感情は全く湧かない。一方、身体障害者に対しては尊敬の念を抱く。片足失うとか片手失うとか、自分だと発狂するだろうな。あの状態で生きようと前向きな事がまずすごいと思う。

ドラマは盲目になってしまった教師がもう一度教壇に立つべく奮闘する話。前のドラマほど感動はしなかったが、いい話ではあった。全盲という重い障害を背負いつつも前に進むエネルギーを持てるってすごすぎではないだろうか。自分だったら全盲になった途端発狂死しそうである。私とは世界が違すぎてただただすごいとしか言えない。

マラソンはどうなるだろうか。たい平さんは割と好きだし時間内完走ができるといいが……。

 

・ゲーム

マインクラフトでは相変わらず軍事的な装置を作って遊んでいる。TNTキャノンの改良とか。しかしこういう遊び方にハマってしまうあたり、私の空想世界への没頭感?というものが極端だと思い直す。没頭する時はすさまじく没頭するのだが、飽きたら綺麗さっぱり投げ出すのだ。典型的な努力ができないタイプの人間であり、悲しくなってくる……。

ダクソ3は相変わらずソロプレイは中断中。いずれやるとは思うが、突然やりたい事が増えたり減ったりするし意欲も増えたり減ったりなのでこの辺は本当に雑なのである。申し訳ない……。

今日はカンを戻す意味も込めてメインキャラで金サインを書き、無名の王や英雄グンダと何回か戦ってきた。

無名の王は強ボスであるのとそれ故呼ばれやすいからなのだが、今日は霊体では一回も死なず。何回も霊体やってるうちに慣れてしまったのだろうか、攻撃が完全に見切れてしまう……。特に立ち回りがうまかったのはホストさんと2人で挑んだ時で、第一形態では攻撃を何度か食らうも第二形態はノーダメで勝利。遠距離で魔法を的確に打ち込みつつ、攻撃はスルスルと全部回避する綺麗なプレイだった。しかし、ソロプレイの時は間違いなく難敵として立ちはだかるであろう。はたしてゲーム下手な私が勝てるのだろうか……。

グンダの方はなんと「パリィしてドヤ顔したいから」というだけ。こんなのに付き合わせられるホストさんには申し訳なさでいっぱいである。というのも、露骨にパリィを狙い死んだ事が3回ほどあったのだ。遠距離で魔法撃ってれば負ける相手ではないのに……バカな死に方してごめんなさい。ちなみに、後半は普通に慣れてきてパリィがそこそこ入った。特に、二回パリィを決めた上に二回目の致命攻撃がトドメになった時はこれ以上ないほどのドヤ顔を決められた(と思う)。しかしセスタスパリィに慣れてると小盾ではパリィのタイミングに戸惑うな、私が下手なだけだと思うが。メインキャラでもパリィ用に祝福セスタスを作っておこうか……。

 

さて、カフェインハイテンションになってしまって寝るタイミングが掴めない。そろそろ寝たいけど……コーヒー飲むんじゃなかった。