世の中そんなに甘くない!

日本では最底辺に位置するであろううつ病の自称異端者が適当に語ってみるスレ。

富士急ハイランドに行ってきたので感想でも書くか

このブログでちょくちょく登場してるえりち推しの友人と昨日富士急ハイランドに行ってきた。……いや、だからなんだという話なのだが、昨日はその後疲労のあまり寝落ちして起きたら3時、仕方ないので遅すぎる晩ご飯を済ませ風呂に入り今に至るという流れで、疲労がとれていないのであまり動く気がしない。ということで、暇つぶしがてら感想でも書いていこうと思う。

 

友人と行ってきたと言いつつ、なんと最初は一人で富士急ハイランドに突入。というのも、友人は企業説明会が午前中にあり、その後私と合流するという話になっていたのだ。ソロ遊園地は非常に難易度が高い(注:個人的意見)ので、私は身構えつつフリーパスを購入、初めてとなる富士急ハイランドに踏み込んだ。

ソロ遊園地ということもあって事前にある程度情報を調べておいたのだが、富士急ハイランドは絶叫系の聖地らしい。私はジェットコースターが大好きなので、結構期待していた。と言っても、私はジェットコースターでほとんど恐怖を感じないので絶叫するかというと全くしないのだが……。ちなみに、私が一番好きなジェットコースターは、よみうりランドの「バンデット」。説明してもわかりにくいので説明しないが、爽快感が半端なく傑作コースターだと思う。

で、とりあえず最初はFUJIYAMAに乗ってみた。感想としてはバンデットに劣らないほど良かった。コースが長いというのが一番嬉しかったが、他にも左右に揺さぶられGがかかる(貧弱すぎて体を痛めた)コースや終盤の地面スレスレカーブも楽しめる。さすが看板コースターといった感じだ。

次はドドンパへ。こっちは正直よくわからなかった。搭乗後超加速で吹っ飛んだ後垂直タワーをすごい勢いで登って下りて、後は適当に走って終了。超加速は想像以上で、轟音に包まれつつトンネルの中から光の方向へと吹っ飛ぶのはまるでアニメのOPみたいだった(?)。その後の垂直タワーは垂直だけあってさすがの私もビビり、思わず「うっそだろお前……(絶望)」と謎の独り言を発しながら急降下していった。このブログに淫夢要素はありません。しかし、その後のコースが予想外に短く楽しめたのはこの二点だけ。同じ待ち時間ならFUJIYAMAに乗るかなぁ。

次は高飛車に乗ろうとしたのだが、ここで友人から連絡があったので合流。その後は適当に遊んでおしまい。……雑な締めのように見えるがそんなことはない、これには理由があるのだ。実は、えりち推しの友人は絶叫系がダメらしいのである。ジェットコースター大好きな私とは相性最悪で、最後は私が一人でFUJIYAMAに再搭乗するという「友人と来たのにも関わらずぼっちでジェットコースターに乗る」珍事まで発生した。まぁでも、えりちも絶叫系とかダメそうだしな。相性いいんじゃないかな。お幸せに……。

 

とはいえ、久々に友人と会えたしジェットコースターにも乗れたしでおおむね満足だ。次行くとしたら高飛車とええじゃないかは是非経験しておきたいが、富士急ハイランドに行く機会はなかなかなさそうである。