世の中そんなに甘くない!

日本では最底辺に位置するであろううつ病の自称異端者が適当に語ってみるスレ。

やりたいことは

自分を見失ってしまった。私のやりたいことってなんなのだろう。今は別に鬱が入っているとかいうわけでもないし気分も特に大きく沈んではいない。しかしこの平常時の自分がやたら冷めていて、面白く感じられない。

私はあまり面白くはなかった。
 
ゲームとかやっていて勝った時は嬉しいし、負けた時は悔しいが楽しい気持ちもある。ネットだってこうやってブログを書いたりするのは自分がやりたいからやっているのだ。……で? だからなんなのだろう。これ、私は本当に面白いと思っているのか? ゲームやネットが『本当の意味で』やりたいことなのか?
 
なんで私、こんなことしてるの?
 
何もやることがないから、とりあえず時間を潰そうと何かをしている。ゲームなりネットなり「少なくとも自分が楽しめるもの」を私なりに選択してやっている。ゲームやネットはそれくらいのものでしかない。少なくとも楽しめるから、時間があるから、という理由だけでやっている。そこにそれ以外の意思はない。「やりたいからやる」などという強い意思はない。
 
これが私のやりたいこと?
 
今私にやりたいことなどというものは思い浮かばない。中学時代から人生やり直したいとか、死にたいとか、思いつくのはそんな絵空事ばかりである。だって今更やりたいことをやるなど無理なのだ。私にはそのエネルギーも才能もないし努力もできない。
 
なによ……なんとかしなくちゃいけなんだからしょうがないじゃない!
私だって、好きなことだけやって、それだけでなんとかなるならそうしたいわよ!
 
まさに今の心境はこんな感じである。私がラブライブ1期の8話に感動したのは、多分自分と重なっていたからだろう。だが、この現実世界では、その後誰かから手を差し伸べられることなどない。しかし、それもまたいいだろう。現実世界は常に退屈で救いがないからこそ、人は非現実に惹かれるのだ。現実世界では救われない結末というのものも悪くない。
広告を非表示にする