読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中そんなに甘くない!

日本では最底辺に位置するであろううつ病の自称異端者が適当に語ってみるスレ。

私「打てない」希「打ててないやん」凛「打ててないにゃー」

野球 雑記 ラブライブ!

ブログ書いてて思ったのだが、ラブライブ!のネタが記事に含まれまくっている気がする。一期しか見てないにわかだというのにこのラブライブネタの多さはなんなのか。全国のラブライブファンの方から怒られそうだ。未だに希の口調がよくわかってないし。ちなみに、この記事を書いた後レンタルしてきたラブライブ2期を観ようと思っている。しかし私は集中力に欠けるので一気観は無理だろう。さすが私だ。それにしてもレンタルって結構便利だな。今度観たい作品があったら借りてこよう。

 

恒例の前置きはこの辺にしておくとして、本題に。タイトルが珍しく……珍しく? 珍しく意味不明なのでそこも含めて書いていく。

今日ゲームセンターに寄る前に、バッティングセンターに行ってきた。電車賃はかかるのだが、私が週1で通っているこのバッセンは電車賃を含めても非常に安く遊べる。と言っても通い始めたのは1ヶ月くらい前なので、まだ数えるほどしか行ってないのだが。ちなみに通ってる理由は完全に暇つぶしである。運動神経酷いしな。

そんなわけで、せっかくだしバッセンの感想も記事に残そうかなと思い至った。運動神経が酷いだけでなく、野球を「やること」に関しては素人(観ることも素人だけど)なのだが、やるからにはうまくなりたいのだ。というより、いい当たりを打ってドヤ顔したいだけだ。

 

いつもどおり90km/hの右打席に立つ。バットを左手で前に掲げ、半月を描くように足元を通過させてから右後ろへ。……ここまで書くとなんか強打者っぽいが、そんなことはない。凛ちゃんの猫耳パーカー着てるし何しに来たんだお前。いやぁ僕はちょっとバッティングしにきただけですよははは。バッグには希のラバストもついてるけど、これは希のグッズつけてれば打てそうとか長打力高まりそうとかのゲン担ぎだ。まさしくスピリチュアルである。私はこういうの信じないんだけどなぁ……。

とりあえず25球打ったのだが、だいぶ当たるようになってきた。一定間隔でボールが飛んでくるため打つ準備ができてないのに飛んでくるというありえないようなミスもあるのだが、無理やり振って当てることも可能だ。いわゆるカットというやつだろうか。……ど真ん中に投げてくれるバッセンでカットする必要があるのかは謎である。っていうかただの振り遅れだろう。

通っていて思ったのだが、普通に打つ体制ができていても、極端な引っ張りや流し打ちになってセンター方向への打球がなかなか飛ばない。また、そもそも打球があまり上に飛ばないのも問題だ。恐らく酷いダウンスイングなのだろうが、自分のフォームがわからないので改善方法もパッとは浮かばない……。そう簡単にはいかないということか、先は長い……。

 

これも恒例なのだが、一旦少し違うことを書かせてさせてもらおう。野球のカットについて調べていたら面白い話があったので紹介したい。

http://rocketnews24.com/2013/08/24/361456/

簡単に言えば「カットを目的とした打撃は良いのか悪いのか」「それに対する高野連の対応は正しいのか」という内容なのだが、このことに関してはノーコメントだ。素人が意見しちゃいけないとか気を使ってるわけではないが、素人なので意見しない。野球はルールも難しいし。

ただ、どうしても言いたいセリフがあるのでそれだけ言わせてもらう。っていうか言ってもらう。どうも、こちらです眉村さん。

 

眉村「カットがどうした!? 嫌ならさせるな!!」

 

はい、ありがとうございました。どうしても書きたかったんだよね。この件についてはこのセリフをぶつけたい気もするが、やはりノーコメント。もうコメントしてるけど……。

 

さて、話を戻そう。90km/hで苦戦してる素人はバッティングセンターで十分だ。眉村に出てもらうまでもない。

毎回75球打って帰っている(それ以上は体力がないので無理)ので、残り50球。……とここで、超下らなくてしかもバカげた事が思いついてしまった。100円を投入する前に、ふと手を後ろにやり……

かわいらしい猫耳のついたフードを被った。

ついにやってしまったという感じである。私の目つきとは絶望的にミスマッチとか言ってたけど、思いついたのでやってしまった。猫耳のフード被った目つきの悪い人がバッティングしているなんてきっとすごい光景だろうな。残念ながら私は見られないので他人事である。

なぜこんなことが思い浮かんだかというと、前に記事で書いたが凛ちゃんの猫耳パーカーを着てるとテンションが上がるのだ。つまり「フードを被ればよりテンションが高まり集中できるのでは」ということである。もはやスピリチュアルどころの話ではない。私はこういうの信じないんだけど(ry

 

オチ? 50球打っても大して変わらなかった。以上。