世の中そんなに甘くない!

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである』 神奈川県在住の推定発達障害者が書くグダグタブログ

調味料の暴力トースト

考えてみると今日結構予定があるのにこんな時間まで起きててしまった。時を真姫戻したい。

この記事についてだが、最近長文化の傾向があるのでちょっと短い記事を書こうと思い至り今書いている。と言っても、短すぎてもダメなのでさじ加減が難しいな。その点ツイッターは気楽にポンポン呟けるから思いついたことがすぐ形にできてよいのかもしれない。こんなこと言ってるが、今までの記事は全部思いついたことを書いてるだけである。書きながら構成を練ってるのだが、なにぶん雑なもので……。魅力的なブログというものは構成がうまいのだろうか、私にはムリダナ。よってこれからも適当に書いていく。これかーらーもどうぞよろしくね こんなわたしだけどわらってゆーるーしてねー

しかし前置きが毎回長いな。前から思っていたが私は何か前置きしないと気がすまないタチなのだろうか。このブログでは前置きばっかり書いてる気がする。もはや前置きが本編だ。

 

ここからが本編(?)なのだが、はっきり言って下らない。下らないが書いていく。この精神力は一体どこから来るんだ。

もはやタイトルにしたかっただけなのだが、この「調味料の暴力トースト」って言葉、非常に響きがよくはないだろうか。ここまで響きのいい言葉は私の豊富な語彙を探っても「淫乱クソバード」くらいしか思いつかない。全国のことりファンの方ごめんなさい。っていうかこれを語彙に含めてはいけない気がする。

 

……いや、内容はこれだけだ。短い記事って言ったし俺は悪くない。

ちなみに調味料の暴力トーストの作り方はいたって簡単、パンにチーズをのっけて焼いた後ケチャップとマヨネーズと黒コショウをぶっかけて終わりである。調味料以外はパンとチーズで出来ているという非常に漢らしい料理(?)だ。私がこれほどハムを求めた日は他にない。なんでハム無いの。